子供の脱毛は注意が必要です@大人と子供の皮膚には違いがあるのです

子供は大人よりも肌が弱い

子供脱毛を行なう際に気をつけて行なわなければならない事があります。同じ脱毛方法でも、子供と大人は全く同じ状況とは言えません。体質も身体の作りも子供ではまだ発達の途中であるため、様々な部分で注意をしながら行なう必要があります。ここでは、その中で特に気をつけるべきである肌トラブルについて考えてみたいと思います。

まず、当然ではありますが、子供の肌は大人に比べて皮膚が薄く大変傷つきやすい状態です。もちろん、外部からの刺激に対しても大人に比べればダメージを受けやすい状況になっています。そのような体質ですから、大人と同じ脱毛方法や光脱毛を行なってしまえば、たちまち炎症や傷を作る結果となってしまうでしょう。

子供は代謝が活発だから、傷ができてもすぐに治って綺麗になると考える親もいるようですが、その時に受ける傷のショックは想像以上です。痛みなどが加わればそれだけでトラウマとなってしまうことでしょう。そのため、子供脱毛を行なう場合は子供にとってどの方法が最善であるのかをよく検討して行う事が必要です。

光脱毛を行なう場合は、子供脱毛に対応をしているサロンを利用し、状況をよく伝えて安全に行う事です。その他の方法で自己処理を行なうにしても、子供の肌に配慮をして負担がかからないよう慎重に行なうようにしましょう。特にカミソリや脱毛クリームの使用は慎重に行う事が必要です。

電気シェーバーは比較的安全なので検討しても良いでしょう。

子供脱毛は日焼けに十分注意

子供脱毛を行なう時は安全、かつ確実に効果をあげるために日常生活で気をつけなければならないもののひとつに日焼けがあります。特に、子供であれば毎日外遊びなどで、自然と真っ黒に日焼けをしてしまうという場合が多いことでしょう。

日焼け対策を行なって気をつけている子供ももちろんいますが、多くの子はそれほど日焼けに対する意識や危機感は感じず、思いっきり外での活動を満喫しているかと思われます。

しかし、その日焼けをした状態の肌では子供脱毛では深刻なダメージを与える原因のひとつとなってしまいます。ご存知のように、子供の肌は大人よりも薄いためダメージを受けやすい状態となっています。

日焼けによる紫外線の影響で弱った肌の上に、カミソリや脱毛クリームなどの刺激はたちまち炎症や傷を作る原因となり、子供も痛みで苦痛となってしまうことでしょう。

また、最近広まりつつある光脱毛による子供脱毛でも、光の性質は黒いものに反応をするようになっています。そのため、真っ黒に日焼けをした状態での光脱毛は肌表面で高温となり火傷の原因となるため、行なう事ができません。

仮に行なったとしても、上記のように肌トラブルを起こす可能性が高まるでしょう。これが子供であれば尚更なので、日焼けには十分注意をしなくてはなりません。

しかし学校に通っている場合、プールや体育の時間では日焼けになりやすいため、子供脱毛を行なう時期やタイミングを考慮する必要がありますね。

子供に脱毛についての理解をしてもらう

子供脱毛を行なうと検討したきっかけはどのような場合でしょうか?多くは子供の方から相談をしてくるといった状況に親が考えるきっかけとなるようです。

しかし、小学生の頃から、脱毛サロンに通うとなると、少し前までは想像もできなかったことでしょう。また、その逆として、子供はあまり気にしていないが、これからの学校生活での不利さを考えて親が勧めて子供脱毛を行うといったケースもあるかも知れませんね。

子供脱毛を行う際、脱毛を始める年齢によっては、脱毛に関する知識や心構えをある程度理解し、納得をしてから行なう事がとても重要です。

小学校高学年くらいからであれば、少し説明をすると大まかに理解をすることができ、子供脱毛を行う際でも感情をコントロールして行う事ができるでしょう。

しかし、小学校低学年くらいであれば、親が一方的に子供脱毛についての説明をしたとしても、子供には理解が不十分であり、いざ脱毛となると理解が不十分や部分からくる恐怖などで感情がコントロールできないと言った状況になる場合があります。

こうなると、親は子供のためと一生懸命考えるも、子供にとっては苦痛に取られてしまいますね。

子供の方からもしも脱毛の希望が聞かれた場合は、どのような脱毛方法でどの部分を行なうのか、そしてその効果や危険性について親子でしっかりと話し合う事です。サロンの場合はお金もかかりますから、利用は慎重に検討し双方が納得した上での利用にしましょう。


子供脱毛をしても再び生える可能性あり

子供脱毛について、その効果はどのくらいなのか気になるところですね。せっかく、綺麗に脱毛をするのですから、できれば効果はしっかりと得たいというのが本人に限らず親でも思うところでしょう。

子供脱毛の種類にもよりますが、一般的に家庭で行なうカミソリや脱毛テープなどは脱毛ではなく除毛にあたるため、一時的な対処でしかありません。そのため、すぐにムダ毛は生えてきてしまいます。

ではサロンで行なう光脱毛ではどうなのでしょうか?光脱毛の場合は、子供でも一定の脱毛効果は得られるようです。しかし、子供の場合は大人と違い身体は成長途中なので、ホルモンバランを初めあらゆる細胞は発達途中です。

光脱毛を行なった際に影響を受けなかった細胞が、成長と共に目覚めてしまうということは十分に考えられます。実際、子供脱毛を行った場合は、大人と比べても毛の再生率は高いようで、一度綺麗にしても再び生えてくるといった場合が多いようです。

これは成長段階である以上避けられないことでしょう。特に思春期ではホルモンのバランスがとても不安定なので今まで無かった部分の毛が濃くなることや、再び生えることは十分に考えられます。

また、あまり強力な光脱毛を行なえば、成長途中の敏感な肌を傷つけることとなるため無理は出来ません。そのことから、子供脱毛の場合は完璧な効果を期待するのは難しいので、効果が他の方法よりも長く続くといった考え方で利用をすることが良いでしょう。

子供脱毛についてしっかりと話し合う

子供脱毛が近年、大きく取り上げられるようになったのはどうしてでしょうか?最近の子供に対するアンケートなどで悩みについての項目の中に、ムダ毛について悩んでいるという答えが半数以上あったという結果があります。

以前から、思春期に入り身体の変化と共に生えてきてしまうムダ毛に、特に女子は気にして悩んでいたという傾向はもちろんありました。しかし、最近では思春期前の年齢の低い子達でも、少々毛深いと気にして子供脱毛を検討しているようなのです。

この背景には、今や当たり前となった子供タレントやモデルの影響が大きいでしょう。テレビや雑誌に出ている子供達はとても綺麗な肌でムダ毛なんてありません。これが当たり前というイメージが皆あるのです。

しかし、親からすると子供が脱毛をしたいと言ってきても、まだ早いなどと思う家庭がほとんどでしょう。しかし、本当にそうでしょうか?親世代の頃と子供を取り巻く環境は変わりつつあります。そして、最近は少しずつ子供の成長も早まってきており親世代よりも身体の変化が始まる時期が早まってきています。

また、昔よりも容姿を気にする傾向にあり、皆と違う部分はすぐにからかわれてしまうケースも多々あります。そうなると子供は毎日の学校生活が辛くなってしまいますね。子供からの訴えが合った場合、頭ごなしに否定をするのではなく、本当に必要なものであるかどうか、そしてどのような解決策が良いかよく話し合う事が良いでしょう。